糖尿病の原因について知る|合併症として起こる低血圧を克服

身近なものから

大豆

世田谷自然食品から提案される商品には自然が根付いています。それは素材や栽培、育成などさまざまな部分での取り組みによって実現することになるのです。また素材は、何度も足を運び吟味することで選ばれることになります。

More Detail

健康な体のために

レディ

未然に防ぐ

健康診断の血液検査項目にあるヘモグロビンa1c、どんなものかご存知ですか。簡単に言うと、この値が高いと糖尿病の可能性があるということです。まだ糖尿病の症状が出ていなくても、ヘモグロビンa1cが正常値より高いと出たら改善のための取り組みを始めましょう。具体的な改善策には、普段の食事の見直しや運動、生活習慣の改善があります。またこれに加えて、ヘモグロビンa1cの値を下げるサプリメントを摂るのも効果的です。普段あまり運動していなかったり、カロリーの高い食事ばかりしていた人にはきついかもしれません。ですが病気になって日常生活に支障が出るよりも、未然に防ぐ方が対策としては楽に取り組めます。症状が出ていないうちに対策を始めて、健康な体を目指しましょう。糖尿病を始めとする生活習慣病の原因は、乱れた生活習慣にあるのです。原因になりうる生活習慣があれば、少しずつ改善していきましょう。

食事と運動と生活習慣

血液検査でヘモグロビンa1cが要注意の値だった人、今からでも遅くはありません。ヘモグロビンa1cの値を下げる方法があるので、さっそく実行していきましょう。まずは食事、血糖値を下げることがヘモグロビンa1cの値を下げることにつながります。それには糖質摂取を減らすのがいいので、炭水化物を減らすことです。もちろん完全になくす必要はありませんが、炭水化物の量を減らしたり摂取回数を減らしたりで対応しましょう。また卵、豆腐、青魚、海藻、きのこなど、ヘモグロビンa1cの値を下げるのに有効な食品を取り入れるのも効果があります。次に運動、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動がお勧めです。自分に合ったものを選んで、無理のないレベルから始めていきましょう。これに加えて十分な睡眠やストレスをためないなどの、生活習慣の見直しもしていきます。これらを実行しても短期間で効果が現れるわけではありませんが、続けていけば必ずヘモグロビンa1cの値は下がっていきます。じっくりと取り組んで、健康な体に近づけていきましょう。

また、糖尿病の疑いがあるひとや糖尿病を発症してしまった人は、ヘモグロビンa1cの値や高血圧になっていないかという点にのみ着目しがちです。しかし、糖尿病の合併症によっては低血圧になることもあります。それは糖尿病神経症というものです。基本的には、低血圧になり、立ちくらみがでてきます。そのような初期症状に気がついたら医師に相談しましょう。そして、現在服薬しているサプリなどがあれば持参して、配合成分について確認してもらうと良いでしょう。サプリメントの中には、糖尿病患者が摂取してはいけない成分のサプリもあります。サプリメントを摂取する場合には、症状の進行具合や治療の経過に合わせて、適切なサプリ選びをしましょう。

翌日に疲れが残りにくい

ゴマ

しじみの健康成分として、お酒を楽しむ人のサプリとして周知されるオルニチンには、運動などのアクティブな動きで蓄積される疲労を緩和や回復させる働きができるため、幅広い年代で摂り入れたい栄養素として近年話題を集めています。

More Detail

不定愁訴の緩和のために

サプリ

更年期障害のさまざまな症状を緩和するのに、漢方薬が使用されることが普通になってきました。しかし、漢方薬なら何でもいいと言うわけではありません。自己判断で買うのはやめた方がいいでしょう。漢方医に処方してもらうか薬剤師に相談することです。

More Detail